スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
GoogleAppEngineLauncherからGoogle Cloud SDKへ
すごい久しぶりの更新。

Google App Engineが、Google Cloud Platformサービスの一環になって、GUIで便利に使えるGoogleAppEngineLauncherが、どうも置いて行かれている雰囲気を薄々感付いてはいたのですが、重い腰を上げ、Google Cloud SDKを使って見ることにしたので、メモしておきます。

まずは、ダウンロードしてインストール。
https://cloud.google.com/sdk/docs/quickstart-mac-os-x
あたりから、とってきます。解凍した場所がそのままファイルの置き場所になるので、~/Downlodsとかにならないように注意しましょう。

そもそも、Python3で動かないあたりもちょっと不満なんですが、install.shを起動するまえに、環境変数を整備します。

export CLOUDSDK_PYTHON="/usr/bin/python2.7"

パスは適当に変更してください。

$ ./install.sh

でインストール出来ます。.bash_profileを書き換えるので、シェルの再起動か、sourceコマンドで読み込み直します。
いろいろごちゃごちゃ言われるかも知れませんが、App Engineの設定だけなら以下で。

$ gcloud components install app-engine-python

まずは初期化。

$ gcloud init

すでにGAEのプロジェクトをいくつか持っているとその一覧が表示されるので、番号で選びます。Launcherと違って、ちょっと面倒。

ちなみに、プロジェクトを変更したいときは、
$ gcloud config set project プロジェクト名

いまどのプロジェクトにいるのかは、以下で分かります。
$ gcloud config list

さあこれで開発ができると思ったら大間違い。ローカルで開発用のサーバを動かすためのPythonスクリプトが、2専用。Googleは、Pythonから離れようとしているんじゃないか?と疑わせる、3のサポートの悪さです。

仕方無いので、condaで2の環境作ります。

$ conda create -n py27 python=2.7

設定が終わったら、2の環境を起動。
$ source activate py27

ちなみに、一覧を見るには、
$ conda info --envs

これで、やっと、ローカルの開発用サーバが動きます。Launtherのが数倍楽・・・。
動かすアプリのapp.yamlがあるディレクトリで、

$ dev_appserver.py .

アプリを作って、デプロイするときは、以下のコマンドで。

$ gcloud app deploy

サーバのページを開きたいときは、これが使えます。

$ gcloud app browse

ちなみに、Googleのサーバ上で始めてしまったプロジェクトを、gitでcloneするのは、以下。

$ gcloud source repos clone python-gae-quickstart --project=プロジェクト名

ファイルをローカルで変更した後、もちろん、コミットしてもいいんでしょうが、deployすると、そのまま上がります。

Cloud Platformになって、進化している部分もあるようで、StaticなWebをホストする方法が以前より、簡単になっているようです。(これはまだ試してませんが)
https://cloud.google.com/appengine/docs/python/getting-started/hosting-a-static-website

ちなみに、古いプロジェクトを、そのままデプロイしようとすると嵌まります。正しいのかどうか分かりませんが、app.yamlから、以下の2行を削除すると、動くようです。
#application: プロジェクト名
#version: 1

ちゃんとした移行ドキュメントがそのうち出るという噂を、どっかで見ましたが、早く出て欲しいものです。
スポンサーサイト
【2017/01/22 20:33】 | Webサービス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MacのVirtualBoxにWindows10を入れる
Pythonスタートブックも出版から6年、多くのみなさまのご支持をいただき、増刷を重ねて、この度10刷が出る運びとなりました。ありがとうございます。
ただ、インストールなどの情報が、すこし時代に合わなくなっているので、変更することに。

というわけで、表題のように、MacOSXのVirtualBoxにWindows10を入れる必要がでたわけですが、プチ嵌まりました。

買ってきたWindows10はUSBメモリに入ってます。イマドキだなーと思っていたら、どうやらVirtualBoxは、USBからの起動に対応してない模様。そんなはずはないと結構調べましたが、やっぱり無理っぽいです。

仕方無く、マイクロソフトのサイトから、Windows10のisoファイルをダウンロード。これを、VirtualBoxに認識させて、無事にインストールできました。

ちなみに、結論としては、WindowsにPythonをインストールする場合は、PATHの設定をPythonのインストーラに任せるのがイイと思います。ついでなので、Python3とPython2、それぞれ何処で設定するのか、画面のキャプチャ貼っておきます。

Python3は、インストール冒頭、「Add Python 3.x to PATH」にチェックを入れます。Python2は、インストール途中の画面で、「Add python.exe to Path」を、「Will be installed on local hard drive」に変更すればOKです。

Python3での設定

Python2での設定
【2016/08/21 13:45】 | PC設定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
PythonからTeXをコンパイル
20年ほど前、学部の卒業論文を書くために初めてつかってTeXですが、こんなおっさんになっても、世話になっているなんて、当時は想像も出来ませんでした。

まあ、それはいいとして、TeXはちょっとコンパイルが面倒なので、MAKEファイルを作るのがいいです。

ただ、Pythonとか他の環境から、TeXをコンパイルしたいなーと思うこともあるかも知れません。通常TeXはエラーがあると、OSシェルからインタラクティブにユーザーに対して対応方法を聞いてきますが、Pythonからコンパイルしている時は、面倒なので、成功か失敗かを教えてくれると便利です。

そんな時使えるのが、-halt-on-errorオプション。コンパイル中にエラーが起こると、そこで処理を中断します。Pythonから使うイメージは、こんな感じでしょうか?


import subprocess
args = ['platex', '-halt-on-error', 'tex_doc']
ret = subprocess.call(args)
print(ret)


異常終了だと、retが0ではない数字になるので、その後の処理を分岐できます。

向こう5年で、3人くらいの人にしか役に立たなそうな記事だし、そのうちの1人は、忘れて、検索して、自分のブログに辿り着く私な気もしますが、ネットに書いておくとあとで探せるので便利です。


【2016/07/17 12:45】 | プログラミング全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
matplotlibで日本語表示(MacOS)
原点回帰。このブログは、自分へのメモのために始めたんでした。

matplotlibやseabornでグラフを描いていると、日本語が□□□などになって、残念な事が良くあります。そんなときに便利なコードを貼っておきます。


import matplotlib
import matplotlib.font_manager as font_manager
path = '/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ Pro W4.otf'
prop = font_manager.FontProperties(fname=path)
matplotlib.rcParams['font.family'] = prop.get_name()
matplotlib.rcParams['font.size'] = 12 #ついでに文字を少し大きく


Linuxなどで、どんなフォントがあるかわからないときは、
font_manager.findSystemFonts()
で、一覧を取得できます。日本語フォントっぽいのを見つけて、pathに指定すればOK。
【2016/07/07 12:08】 | Python | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
cx_OracleをWindowsに設定する
PythonからOracleに接続するために使われるライブラリはいくつかあるのかも知れませんが、cx_Oracleがデファクトスタンダードのようです。

Windowsだしバイナリ版もあるから、一瞬で設定できると思ったんですが、久しぶりにハマったのでメモっておきます。

まず、すこし調べて見ると、インストールの前に、Oracleが配布しているInstant Clientの設定が必要です。
なんかいろいろあるんですが、Basic、SQL*Plus、SDK、ODBCあたりを入れておけば十分かと思われます。入れすぎかも知れませんが、まあココはあまり問題ではありません。

ダウンロードしたzipファイルを解凍して、適当なディレクトリに放り込み、このディレクトリをWindowsの環境変数、ORACLE_HOMEに設定して、おなじくPATHにも追加します。PATHにだけ追加すればいいような気もしますが、これも特に問題ではありません。

設定出来たら、cx_Oracle-5.2.1-12c.win-amd64-py3.5.exeなど、Pythonのバージョンなど環境に合ったものを持ってきて、インストーラを普通に実行。Windows、バイナリあると楽だなと思ったんですが、これだとちゃんと入らない。

>>> import cx_Oracle
Traceback (most recent call last):
File "", line 1, in
ImportError: DLL load failed: The specified module could not be found.

と、なんとも愛想のない返答。環境変数の設定などを確認するも、原因不明なので、何でコケているのか調べることに。
ライブラリの依存関係を調べてくれる、Dependency Walkerなるものがあるようで、さそっく使って見ます。

本体は、site-packagesの中のcx_Oracle.cp35-win_amd64.pydなので、これをDependency Walkerで調べると、Oracleのoci.dllは読み込んでいるものの、oci.dllが依存するMSVCR100.DLLが無い!

なんて中途半端なんだ・・・と思いながら、調べるとよくあることらしい。MSのサイトから、持ってきて、設定後、cx_Oracleを再度インストールしたら、動くようになりました。

ちなみに、Macの場合、バイナリはありませんが、開発環境を整えれば、ここにあるように、すぐに入ります。

Windowsも中身UNIXにしちゃえばいいのに、と思った土曜の夕方でした。
【2016/05/28 18:45】 | Python | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。