fc2ブログ
Linux(CentOS)でMacOS拡張ジャーナリング(HFS+)のUSBディスクをマウント
久しぶりに、地味な用事を片付けたのでメモ。

早速参考になりそうなページを発見。
RHEL/CentOS 6でHFS+ファイルシステムをマウントする

yum repolist

で、確かに、elrepoが出てこなかったので、言われたとおりに、追加して、kmod-hfsplusをインストール

rpm -ivh http://elrepo.org/elrepo-release-6-5.el6.elrepo.noarch.rpm
yum install kmod-hfsplus

デバイス名を知りたくて、

fdsik -l

とするも、出てこない・・・。しかも、なんか警告が。

警告: GPT (GUID パーティションテーブル) が '/dev/sdb' に検出されました! この fdisk ユーティリティは GPT をサポートしません。GNU Parted を使ってください。

言われるがままに、partedを起動。partedのシェルから、select /dev/sdbとして、printとすると、

番号 開始 終了 サイズ ファイルシステム 名前 フラグ
1 20.5kB 210MB 210MB fat32 EFI System Partition boot
2 210MB 500GB 500GB hfs+ GEO450K

として、/dev/sdb2がデバイス名だとわかります。なんか変なFATの領域があったのね。あとは、適当なマウントポイントを作って、

mount -t hfsplus -r /dev/sdb2 /mnt/hogehoge

今回は読み込み専用だったので、これで事足りましたが、書き込もうと思うと問題がある模様。
試してませんが、UbuntuでMac OS(HFS+)のディスクを読み書きする、が参考になりそうです。
【2015/11/26 16:57】 | PC設定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Marvericksへアップグレード
MacOSの新しいOSが出ても基本的には半年くらい待つことにしています。3連休と言うことで、Python本の次回作を書こうと思いつつ、試験前の学生みたいに違うことを始めてしまいました。10.9.4にして概ね良好な動きですが、いくつか嵌まった点を。
XQuartzが起動しているのに、「xauth起動のためにはX11が必要」としつこく言ってくる点は、XQuartzの再インストールで解決。
VirtualBoxを起動後、ゲストOSがすべて謎のエラーで起動出来ないときは焦りましたが、これもVirtualBoxの再インストールで回避。
相変わらずZenitaniさんのEmacsを使っていますが、C-x C-fでデフォルトのディレクトリがルートディレクトリになるという地味な不具合が。最初なんだか分からなかった。ちょっと探したら解決策が。
こんなところで、勘弁してもらえるといいけど・・・。4年前のiMacですが、全体的にはいまのところ不満はありません。

2014.7.20 追記
いろいろと不具合はあるもので、CyberduckがJava6のランタイムを必要とするらしく、そのままでは起動しません。この情報に助けられました。あやうく、7をインストールするところだった。
Java for OS Xなるものが必要らしく、これをインストールしたら起動しました。しかし、MacはJavaがデフォルトで入ってないって、すごい決断したもんだと思うところです。
【2014/07/19 19:24】 | PC設定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
sshfs
使い慣れた10.6系から、MacOSX10.8.2(Mountain Lion)にしたら、SSH経由でファイルシステムをマウントするsshfsコマンドの調子が悪くなったので、再インストール。brewやportsでもやれるようですが、osxfuse.github.comを参考に素直にOSXFUSEとSSHFSをインストール。OSXFUSEはMacFUSEの後継なので、ついでと言ってはなんですが、システム環境設定の「その他」に残っていたMacFUSEを削除。remove MacFUSEしたあとに、MacFUSEのアイコン自体を右クリックで削除すればOK。
Cyberduckはとても使いやすくて気に入っていますが、やはりマウントできる便利さにはかないません。ちなみに、Cyberduckには少し寄付もしてるのですが、AppStoreでは2,100円になってる。寄付足りないけど、使えてるからいいか・・・。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

【2013/01/30 10:26】 | PC設定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
WindowsでEmacs
MacやLinux(Ubuntu)でプログラムやテキスト文章を書くときは、Emacsを使っています。
Windowsではこれまで、秀丸やEmEditorでEmacs風のキーバインドを無理矢理設定して使っていました。
なぜ、WindowsでEmacsを使わないのか?と突然疑問に思い使ってみることにしました。(まあ、きっとたくさんの優れたテキストエディタが存在するからだと思いますが、感覚的に相性が悪いような気はもちろんあります。)


こんなページもありますが、たしかに、WindwosでEmacs互換エディタというと、xyzzyやMeadowが有名で、Emacs をもろ使っているという話をあまり聞かない気はします。
ちなみに、xyzzyも利用させてもらっていますが、こちらにもあるように、Emacsの設定ファイルである.emacsを各環境(MacとLinux)で使いまわしたいという気持ちは分かります。

というわけで、手元のXPにインストールしてみました。バイナリが配布されているので、インストールはzipファイルを解凍して適当なディレクトリに配置するだけです。
Emacsのように、生粋のUnixライクな環境で育ったアプリをWindowsで使うと、どうにも戸惑うことが多々ありますが、今回も.emacsをどこに置くのか?という最も基本的なところでつまずきました。
http://www.gnu.org/software/emacs/windows/
3.5 Where do I put my init file?
に親切な解説があります。

色々書いてあって、その人の環境によるというのが実際のところでしょう。無理やりWindows環境に持ってきているので仕方のないところです。私の場合は、cygwinなどを入れているうえに、いろいろ考えるのが面倒だったので、C:\の直下に.emacsを置いてみました。なんとも気持ち悪い配置ですが、まあ設定が効いたので良しとしましょう。

背景が黒くなって喜んでいたら、wheelでエラーが出てますね

しかし、いくつか困ったことが。フォントの見た目が悪いというのはご愛嬌としても、IMEがオンになっていると、たとえば、バッファを切り替えようと思って「C-x b」と入力するときに、bがIMEにとられてしまい、Emacsにわたりません・・・・。
これは、なんか解決策を探さないと、どうにも使い勝手がわるいです。
さらに、python-modeがloadされず、エラーになることも判明・・・
まあ、基本的なキーバインドだけでも使えるようになったところで、ひとまず良しとして、追々修正していきましょう。

2010.06.29追記
Pythonモードに関しては、
https://launchpad.net/python-mode
から持ってきた、python-mode.el
を、C:\emacs-23.2\lisp
に放り込んでとりあえず急場をしのぐことに。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

【2010/06/23 01:42】 | PC設定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
CapsLockなんて死んでしまえばいいのに
Windows7は、Vistaと違って結構ちゃんと動くので嫌いではないのですが、Windows系OSは使いはじめに一番いろいろやらなければならず、もっとも重要なのは、やはりCtrlキーとCapsLockキーの入れ替えです。
なんだかんだいっておきながら、いつも人に頼って申し訳ないのですが、ここによい情報がありました。
Microsoft TechNetのCtrl2Caps V2.0というソフトをこのページからダウンロードして、コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げ、インストールします。

再起動後、よしよしうまくいったと思っていましたが、どうやら私の環境では、CapsLockとCtrlが入れ替わるのではなく、CapsLockキーがCtrlキーに変化しました。もとのCtrlキーもそのまま使えるので、つまりCapsLockキーがなくなってしまったことになります。まあ日ごろから、この記事のタイトルのように、CapsLockキーなんて死んでしまえばいいと思っていたので、むしろ歓迎です。タイプライター時代のなごりらしいですが、いつまで引きずるつもりなんですかねー。
【2010/01/30 17:12】 | PC設定 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ