スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
テクノロジー失業
たまには、プログラミングとは少し違う話を。

人工知能がブームです。基本的には流行に乗るのが嫌いなので、傍観していたい気もあるんですが、機械学習とか、Deep Learningとか言われてしまうと興味が出てき、アルゴリズム自体は研究などに使っています。個人的には、Deep Learningのライブラリは、Kerasがおすすめです。

まあ、その辺はいいんですが、人工知能が進化しすぎると、人類が人工知能に支配される的な恐怖が語られることがありますが、個人的にはそこは心配していません。「電源抜けばいい」という議論もありますが、今の世の中すべてのコンピュータの電源抜いたら、生活できないので、それは難しいかもしれませんが・・・。
ただ、この件に関しては、現在の世界の金融市場は、ほとんどアルゴリズム取引で、あまりに高速すぎて、人がついていけていないという話もありますから、すでに特定の分野では、アルゴリズムに人が支配されているという話しも成立するかもしれません。

個人的に本当に懸念していることは、人の仕事がアルゴリズムに奪われる件です。たとえば、自動改札なんて、私が幼いころ(今から30年くらい前ですが)は、まったく無かったわけです。駅員さんが怒濤のように押し寄せる乗客の切符を、一瞬で乗り越しではないか、判断していたわけですから、それはそれですごいですけど、今どき都会じゃそんな光景目にしません。
アルゴリズムがとって代わるのは、単純作業だろと、思いたいところですが、実はまったくそうではありません。それこそ、税理士、公認会計士あたりは現時点でもかなり危なく、さらには弁護士、医師にまでその領域は広がりそうです。つまり、高度な仕事をしていると思われるいる分野も、仕事が機械に奪われる危険性があるわけで、これを「テクノロジー失業」と呼ぶようです。
もちろん、仕事は機械にまかせて、楽園のような生活ができればいいですが、おそらくそうはならないでしょう。資本家の富が増えるだけで、庶民はますます貧しくなる可能性があります。政治が頑張って、ベーシックインカムのような制度を実現できるとよいですが、ちょっと難しい気もします。

というようなことが書いてあるのが、次の2冊。どちらも同じ著者ですが、「機械との競争」の方が先に出たものです。ザ・セカンド・マシン・エイジは最近刊行されてこちらも面白かったですが、ちょっと分厚いので、お忙しい方は比較的さらっと読める「機械との競争」がいいと思います。


先日、今の勤め先の研究室でこの話をしたら、結構みなさん楽しんでくれました。こういう社会科学の専門家では無いですが、興味ある分野なので、これからも追っていきたい話題の1つです。
スポンサーサイト
【2015/10/04 13:47】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
社会心理学講義

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)
(2013/07/18)
小坂井敏晶

商品詳細を見る


本は好きなので、いろいろなジャンルのものを読むのですが、久しぶりにすごいと思ったのでメモも兼ねてブログに。なんで買ったのかよく覚えていないのですが、Amazonでおすすめと言われてあまり考えずボタンを押していたのかも。結構分厚い本なので、いつか読めばいいかなと思っていましたが、年末読み始めたら止まらなくなりました。心理学と社会学についての講義ではありますが、著者の莫大な知識と偏見の無い根拠に基づく論理展開、さらに科学の可能性と限界に対する正しい洞察、どれをとっても超一流です。なかでも、同一性という虚構という話は結構衝撃です。時にはこういう哲学的なことを考えるのもよいかなと思ったりします。おすすめです。
【2014/01/13 12:07】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Pythonスタートブック増刷出来
本日、Pythonスタートブックの増刷見本が手元に届きました。Amazonなどの主要な書店(Amazonは書店なのか?)にも、今週中には在庫が復活するようです。最新のPython2.7.2に対応してみましたので、プログラミングにご興味ある方は是非。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【2011/08/17 15:13】 | | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
「Pythonスタートブック」増刷準備中
出版社の方から連絡があり、Pythonスタートブックの在庫が切れたということで、増刷することになりました。利用するバージョンを2.6.5から2.7.2に変更したので、ちょっといろいろ直すところがでてしまい、この土日で修正版の原稿を用意しました。
今現在、amazonや楽天では在庫が切れていますが、8/12くらいには用意できるのではないかという出版社の人のお話です。きっとどこかの本屋さんの棚には、在庫があったりするのでしょうから、情報をやりとりして品物を融通できるようにしてもよいのではないかと思ったりもしますが。
増刷出来たらまたご報告します。
【2011/08/03 18:14】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Webアプリの作り方を学ぶなら、こちらを!

Webアプリケーション構築入門(第2版) - 実践!Webページ制作からマッシュアップまでWebアプリケーション構築入門(第2版) - 実践!Webページ制作からマッシュアップまで
(2011/04/23)
矢吹 太朗

商品詳細を見る


このブログの中では大先生と呼んでいる方の著書が改訂されました。今回も、微力ながら原稿チェックに協力させていただきました。私の著書の時も細かくチェックもらったので、極力すべてのコードに目を通そうと試みましたが、奇しくもこのことが、現代のWeb開発に必要とされるスキルの幅広さをあらためて実感する行為となりました。HTMLとCSSは当然として、アプリケーションの開発にJavaかPHPを選択したとしてもやはりSQLの知識も必要となってきます。JavaScriptがない今どきのWebなんて考えられませんし、最終的にはXML的なデータの見方ができると統一的な理解が可能となる面も多いと思います。そんなこんなで広がっていく知識をこのページ数でうまくまとめているなと、献本頂いた本をパラパラとめくりながらやはり感心しました。もちろん、この本が実際の大学の教育現場から生まれているためでもありますが、情報系学部の教科書としてはまさに最適の内容と分量だと思います。

知識が多様化・複雑化する一方の現代では、どういった教育をするかという点で大学の役割は大きくなっているはずなのに、どうもその点では機能不全を起こしているような気がするのは、自分も大学時代相当な落ちこぼれだったからかしら?
日本語でこんな教科書があるなんて、いまの学生さんは幸せです。もちろん情報系の学生さんでなくても、ご興味ある方は是非。おすすめです。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【2011/05/16 02:18】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。