スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MacOS10.6.4にnumpy,scipyをインストール
MacOSゆえのいらぬ苦労なのかも?などと思いつつ、いつもnumpyとscipyのインストールには苦労しているわけなのですが、こんなものを見つけてしまい、snow leopardに乗り換えた途端いいことあるじゃーんと、調子にのっていたのですが、インストールできたようなふりをして、matplotlib.pyplotのimportに失敗。んー、と思いつつ、matplotlibだけ開発元のpre-build版を入れればいいかなと思ったら、このScipy Superpackで使われているNumpyが2.0.0とだいぶエッジなバージョンで、あえなく失敗。ぐううう、と苦虫をかみつぶし、Mac Portsですべて入れ直そう!と一念発起。/usr/local/bin/から/Library以下にはられているpython関連のリンクをすべて消し、すっきりしたところで2.6系を/opt以下に迎え入れるべくこんな感じで入れてみました。
~$ sudo port install python26
~$ sudo port install py26-numpy
おーっと、atlasのbuild中にエラー。こちらを参考にさせていただき、
~$ sudo port install py26-numpy +no_gcc43
とすると、オプションが効いたのか、atlasは通過が、またエラー。
少し調べると、/usr/bin/gfortranではだめらしく、MacPortsが入れた/opt/local/binのgfortranを使う必要があるらしい。詳細はこちら
/usr/binのほうは頭に_でもつけてやってください。
これでなんとか無事通過。
~$ sudo port install py26-scipy +no_gcc43
はエラーなく行きました。
このあと、ipythonをportsで入れようとしたら失敗するも、matplotlibは入ったので、当初の目的は達成。
ipythonも、easy_installだと無事入りました。

と喜んでいたら、描画ができないことが判明!

>>> import matplotlib.pyplot as plt
>>> plt.plot(range(10))
[]
>>> plt.show()
/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/lib/python2.6/\
 site-packages/matplotlib/backends/__init__.py:41: UserWarning:
Your currently selected backend, 'agg' does not support show().
Please select a GUI backend in your matplotlibrc file ('/opt/local/Library/\
 Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/lib/python2.6/site-packages/\
 matplotlib/mpl-data/matplotlibrc')
or with matplotlib.use()
(backend, matplotlib.matplotlib_fname()))
>>>


以前、おなじようなことで困った記憶をたどりにしつつ、指示されたファイルを編集しました。
matplotlibrcの冒頭で設定されている、

# the default backend; one of GTK GTKAgg GTKCairo CocoaAgg FltkAgg
# MacOSX QtAgg Qt4Agg TkAgg WX WXAgg Agg Cairo GDK PS PDF SVG Template
# You can also deploy your own backend outside of matplotlib by
# referring to the module name (which must be in the PYTHONPATH) as
# 'module://my_backend'
backend : MacOSX

が、Aggになっているので、MacOSXにすればよいだけです。
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【2010/07/27 20:43】 | Python | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Wolfram Alpha
Mathematicaの作者が満を持してリリースした検索エンジンの”Wolfram Alpha”ですが、さすが天才が作っただけあって、凡才には使い方がいまひとつピンとこないなーと思っていたところ、iPhoneアプリとしてWolfram Alphaが出ていたので思わず買ってしまいました。お値段は260円位だったと思います。
しかし、これ実はWebからアクセス出来るWolfram Alphaと出来ることは一緒・・・
ということに気がついたのは最近で、そのまえにWolfram Alphaで数式を普通に処理できることを知ることが出来たので、260円だし、怒ってはいません。
例えばこんな感じです。
1/e
π/4
log(2)

ちなみに、iPhoneでは、Σや積分記号、微分記号などが入力できる専用キーボードが表示されるので、260円などタダ同然の金額払う価値はあります。
しかし、こんな便利なものが小学生のころから身近にあったら、みんな天才数学者としての才能を開花させてしまうのか、Webで簡単に計算できるから数学への興味が半減するのか、どっちなんでしょう・・・。

テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/07/19 20:14】 | 数学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。