スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
PythonからTeXをコンパイル
20年ほど前、学部の卒業論文を書くために初めてつかってTeXですが、こんなおっさんになっても、世話になっているなんて、当時は想像も出来ませんでした。

まあ、それはいいとして、TeXはちょっとコンパイルが面倒なので、MAKEファイルを作るのがいいです。

ただ、Pythonとか他の環境から、TeXをコンパイルしたいなーと思うこともあるかも知れません。通常TeXはエラーがあると、OSシェルからインタラクティブにユーザーに対して対応方法を聞いてきますが、Pythonからコンパイルしている時は、面倒なので、成功か失敗かを教えてくれると便利です。

そんな時使えるのが、-halt-on-errorオプション。コンパイル中にエラーが起こると、そこで処理を中断します。Pythonから使うイメージは、こんな感じでしょうか?


import subprocess
args = ['platex', '-halt-on-error', 'tex_doc']
ret = subprocess.call(args)
print(ret)


異常終了だと、retが0ではない数字になるので、その後の処理を分岐できます。

向こう5年で、3人くらいの人にしか役に立たなそうな記事だし、そのうちの1人は、忘れて、検索して、自分のブログに辿り着く私な気もしますが、ネットに書いておくとあとで探せるので便利です。


スポンサーサイト
【2016/07/17 12:45】 | プログラミング全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
matplotlibで日本語表示(MacOS)
原点回帰。このブログは、自分へのメモのために始めたんでした。

matplotlibやseabornでグラフを描いていると、日本語が□□□などになって、残念な事が良くあります。そんなときに便利なコードを貼っておきます。


import matplotlib
import matplotlib.font_manager as font_manager
path = '/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ Pro W4.otf'
prop = font_manager.FontProperties(fname=path)
matplotlib.rcParams['font.family'] = prop.get_name()
matplotlib.rcParams['font.size'] = 12 #ついでに文字を少し大きく


Linuxなどで、どんなフォントがあるかわからないときは、
font_manager.findSystemFonts()
で、一覧を取得できます。日本語フォントっぽいのを見つけて、pathに指定すればOK。
【2016/07/07 12:08】 | Python | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。