MacOSXでPylearn2
Deep Learningのためのライブラリ、Pylearn2のインストールメモです。AnacondaのPython2.7とTheanoはすでにインストールされていました。このサイト参考にさせていただきました。
最初のインストールは、本家のサイトを参照。gitが必要です。環境変数は、以下の様に設定します。

export PYLEARN2_DATA_PATH="/Users/tsujishingo/pylearn2/data"
export PATH=/Users/tsuji/pylearn2/pylearn2/scripts:$PATH
export PYLEARN2_VIEWER_COMMAND="open -Wn"

openの引数がちょっと工夫ですが、その他はTheanoがちゃんと入っていればそれほど苦も無く動くと思いますが、このはじめの一歩をうごかすときのプチ嵌まりポイントが、サンプルデータ。ここから、「CIFAR-10 python version」を持ってきて、tarをDATAディレクトリで解凍しますが、

~/pylearn2/data/cifar10/cifar-10-batches-py

以下にファイルが入るようにします。まあ、make_dataset.pyのエラーが出るので、そのとき気が付きますが。
スポンサーサイト
【2014/09/01 16:10】 | データ解析 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<pylearn2でdenoising autoencodersを使ったDeep Learning | ホーム | Emacsにauto-install.elを入れて、yamlに色を付ける>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tanopy.blog79.fc2.com/tb.php/117-745ae83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |