ipython notebookでつくるスライドの余白
Pythonのコードと実行結果をまとめて保存できるipython notebookは便利です。
最近、こんな勉強会を毎月やっているので、ここでの発表資料を作る時、ipythonからslideを作ることもできて、さらに便利です。たとえば、こんな記事が参考になります。

ただ、普通にやると、どうもスライドの余白が大きくて、実際に内容が表示される部分の幅が狭い。
同じことで悩んでいる人がいるぜーと思い、すぐに解決かと思ったんですが、プチ嵌まったので、メモ。

reveal.jsの最新版はここから入手出来ますが、ipythonがreveal.jsの3系に対応していないらしく、2.6.2を使う必要があります。

ipython nbconvert myslide.ipynb --to slides --post serve

とすると、規定のブラウザが立ち上がって、スライドが表示されます。同じディレクトリに、revela.jsフォルダがあると、自動的にそこを読みに行ってくれます。ここに、3.1などのライブラリをおくと、

Reveal is not defined

というJavascriptのエラーが出て、画面が真っ白。
一方、reveal.jsフォルダがないと、親切に、

[NbConvertApp] Redirecting reveal.js requests to https://cdn.jsdelivr.net/reveal.js/2.6.2

となってしまい、どうやって、reveal.jsを修正すればいいんだーと、なったわけです。
解決は、こちらのエントリー。さすがstackoverflow(名前が縁起でもないですが)

個人的には、
ipython nbconvert myslide.ipynb --to slides --reveal-prefix reveal.js(カスタマイズしたファイルがあるフォルダ)
で、スライド用のhtmlを生成して、
python -m http.server
として、localなWebサーバを動かすのがよいかと思います。
スポンサーサイト
【2015/10/12 17:46】 | Python | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Sublimeと恋に落ちられるか? | ホーム | テクノロジー失業>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tanopy.blog79.fc2.com/tb.php/133-b5785bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |