スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MacのVirtualBoxにWindows10を入れる
Pythonスタートブックも出版から6年、多くのみなさまのご支持をいただき、増刷を重ねて、この度10刷が出る運びとなりました。ありがとうございます。
ただ、インストールなどの情報が、すこし時代に合わなくなっているので、変更することに。

というわけで、表題のように、MacOSXのVirtualBoxにWindows10を入れる必要がでたわけですが、プチ嵌まりました。

買ってきたWindows10はUSBメモリに入ってます。イマドキだなーと思っていたら、どうやらVirtualBoxは、USBからの起動に対応してない模様。そんなはずはないと結構調べましたが、やっぱり無理っぽいです。

仕方無く、マイクロソフトのサイトから、Windows10のisoファイルをダウンロード。これを、VirtualBoxに認識させて、無事にインストールできました。

ちなみに、結論としては、WindowsにPythonをインストールする場合は、PATHの設定をPythonのインストーラに任せるのがイイと思います。ついでなので、Python3とPython2、それぞれ何処で設定するのか、画面のキャプチャ貼っておきます。

Python3は、インストール冒頭、「Add Python 3.x to PATH」にチェックを入れます。Python2は、インストール途中の画面で、「Add python.exe to Path」を、「Will be installed on local hard drive」に変更すればOKです。

Python3での設定

Python2での設定
スポンサーサイト
【2016/08/21 13:45】 | PC設定 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<GoogleAppEngineLauncherからGoogle Cloud SDKへ | ホーム | PythonからTeXをコンパイル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tanopy.blog79.fc2.com/tb.php/145-c60512c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。