スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Windows上のPython用テキストエディタ
Pythonのプログラムを書くとき、普段はMacOSXで、Carbon Emacsを利用しています。あ、ちなみに、少額ですが寄付もさせていただいております。
Emacsは個人的な見解では歴史上最高のエディタなので、これさえあれば何もいらないのですが、ふと以下の条件に合うエディタを探してみたくなりました。
  1. Windows上で動作
  2. フリーで使える
  3. Pythonモードがデフォルトである(キーワードの色付けのみでも可)
  4. 開発が止まっていない
  5. Emacs系ではない
すぐに出てくるのが、JmEditorなのですが、これは残念ながら開発が止まってしまっています。ただ、フリーで軽快なので条件4を気にしなければお薦めです。
似た名前のEmEditorはデフォルトで良くできたPythonモードを持っていますが、お代が必要です。4,200円なんて余裕という方にはいいと思います。サポートもしっかりしていそうなので、長く使い続けるには適しているかもしれません。
KaaEditなるものも見つけました。ただやっぱり開発が止まってしまっているようです。
Pythonモードがある、というか、Pythonで作られたエディタというところでは、Leoなるプロジェクトを発見しました。これは、現在進行形ですが、テキストエディタというより、ドキュメントの階層的な管理に重点をおいているのかな?すこーしマニアックで、面白そうではあるのですが、道を逸れる気がするので今回は見送ります。
んー、どれも帯に短したすきに長し、やっぱりないのか?と思った瞬間、神が降臨しました。それが、Ginnieです。フリー版もちゃんとあって、Pythonをはじめ多くの言語にデフォルトで対応します。見た目もちょっとVista的世代を意識してポップです。開発は現在かなりいい感じのようです(これは勝手な憶測か?)。ちょっと使ってみましたが、プログラムを書くにはとても良さそうです。改行とかスペースとかEOFがデフォルトで出るのが、マニア心をくすぐります。
なんで、こんな良さそうなのに、知名度が低いんだ?と思い、ブログに書いてみました。
これですこしでも、Ginnieが有名になるお手伝いが出来ればと思います。
頑張れGinnie!!
ところで、読みは「ジニー」でいいのかな?

2009.4.4 追記
と、こういう記事を書くと、だいたい見落としやミスがあるもので・・・。
まず、今回の条件に当てはまるエディタとして、EmEditorFreeがありました。あの有名なEmEditorのフリー版がひそかにあったらしく、これはかなりいけてます。もちろん、Pythonのキーワードもデフォルトで色付け。しかも、:を打ったら、自動的にインデント。すげーっす。
あと、忘れてはならないのに忘れていたエディタに、PyScripterがあります。
これは、Pythonモードがあるエディタというより、Pythonスクリプトのために作られたエディタという感じで、メソッドの入力補完とか普通にしてくれますので、夢のような世界です。WindowsでのPython開発が忙しい方には是非おすすめです。私もすこし、使い込んでみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【2009/03/31 02:11】 | Python | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<Python2.6のprintは中途半端 | ホーム | boost.program_optionsのエラー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tanopy.blog79.fc2.com/tb.php/38-1b6703eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Windows上のPython用テキストエディタ
Pythonのプログラムを書くとき、普段はMacOSXで、Carbon Emacsを利用しています。あ、ちなみに、少額ですが寄付もさせていただいております。Emacsは個... T.Koga's Blog【2010/02/21 01:44】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。