スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
CapsLockなんて死んでしまえばいいのに
Windows7は、Vistaと違って結構ちゃんと動くので嫌いではないのですが、Windows系OSは使いはじめに一番いろいろやらなければならず、もっとも重要なのは、やはりCtrlキーとCapsLockキーの入れ替えです。
なんだかんだいっておきながら、いつも人に頼って申し訳ないのですが、ここによい情報がありました。
Microsoft TechNetのCtrl2Caps V2.0というソフトをこのページからダウンロードして、コマンドプロンプトを管理者権限で立ち上げ、インストールします。

再起動後、よしよしうまくいったと思っていましたが、どうやら私の環境では、CapsLockとCtrlが入れ替わるのではなく、CapsLockキーがCtrlキーに変化しました。もとのCtrlキーもそのまま使えるので、つまりCapsLockキーがなくなってしまったことになります。まあ日ごろから、この記事のタイトルのように、CapsLockキーなんて死んでしまえばいいと思っていたので、むしろ歓迎です。タイプライター時代のなごりらしいですが、いつまで引きずるつもりなんですかねー。
スポンサーサイト
【2010/01/30 17:12】 | PC設定 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<組み合わせと順列 | ホーム | generator関数を使う>>
コメント
所在不明CapsLock
初めまして。
私も学生時代にEmacsを使っていた名残で、Ctrlを左手小指ポジションに入替えています。
WinXP⇒Win7マシンの導入を機会に、使えなくなったaltIMEからCtrl2Caps V2.0に乗り換えたのですが・・・
私の環境でも入替えではなく変更になってしまいました。(ちなみに Win7 home premium, Vaio P)

まあ実害は無いのですが、ちょっと気になったので検索してみました。
とりあえず私だけではない、ということが分かったので、ちょっと安心しました。

ありがとうございました。
【2010/08/14 00:48】 URL | ノガミ #guRgTqeo[ 編集] | page top↑
Re: 所在不明CapsLock
こんな記事がお役に立てて光栄です。
ちなみにMacの場合日本語のキーボードを使えば、最初からAの左がControlですが、USキーボードを使うと入れ替えの必要があります。私は、英語キーボード派なのですが、MacOSだと、OSにデフォルトでこの入れ替え機能がついてくるので好きです。
【2010/08/16 16:52】 URL | 辻真吾(つじしんご) #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tanopy.blog79.fc2.com/tb.php/46-ce439e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。