スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Pythonインタラクティブシェルでディレクトリの変更
Pythonインタラクティブシェルを使っていて、インタラクティブシェルからOSのディレクトリを変更したいと思うことが時々あるかもしれません。
そんなときは、osモジュールを使います。

>>> import os
>>> os.getcwd()
'/Users/tsuji/pyworks'

get current working directoryの略です。今いるディレクトリが表示されます。

>>> os.chdir('..')
>>> os.getcwd()
'/Users/tsuji'

一つ上に移動出来ます。

>>> os.chdir('temp')
>>> os.getcwd()
'/Users/tsuji/temp'

もちろん、別のディレクトリへの移動も可能。

ファイルの一覧はlistdirを実行すると、リストで返ってきます。
引数で、どのディレクトリかを指定できます。カレントディレクトリは、ドット(.)で。

>>> os.listdir('.')
['#eg_t.py#', '#test.py#', '.DS_Store', '20080428', '58.txt', '68.txt', 'build',...

Windows環境の場合に注意点がありますが。Windwosでは、ディレクトリの区切り文字にバックスラッシュ(\または¥)記号が使われますが、これをそのまま利用することは出来ません。

Python 2.6.4 (r264:75708, Oct 26 2009, 08:23:19) [MSC v.1500 32 bit (Intel)] on
win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import os
>>> os.getcwd()
'C:\\Python26'
>>> os.chdir('C:\Documents and Settings\tsuji\My Documents\Downloads\source_code
')
Traceback (most recent call last):
File "", line 1, in
WindowsError: [Error 123] ファイル名、ディレクトリ名、またはボリューム ラベルの
構文が間違っています。: 'C:\\Documents and Settings\tsuji\\My Documents\\Downloa
ds\\source_code'
>>> os.chdir('C:/Documents and Settings/tsuji/My Documents/Downloads/source_code
')

バックスラッシュの代わりに、普通のスラッシュ/を使うとうまくいきます。
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【2010/04/10 14:07】 | Python | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Pythonの入門書を書きました | ホーム | 組み合わせと順列>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tanopy.blog79.fc2.com/tb.php/49-8e8cb75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。