スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Pythonの入門書を書きました
日本Python界の中心人物のお一人である柴田さんにお話をいただいてから、かれこれ2年。だらだらやってるのに技術評論社の編集青木さんに見捨てられずにここまでたどり着き、なんとか出版出来そうです。

Pythonは本当に書いていて楽なので好きです。なぜ楽だと感じるかというと、文法を忘れないから。記憶力は元来悪いほうなので、ありえないくらいいろいろな事を忘れますが、Pythonの文法はシンプルで統一性があるからか、書き始めるとすっと思い出します。これは、絶対に初心者にも良いと思っています。
あとは、プログラムを書かない人から、書く人に一歩だけ踏み出すだけです。ご興味ありましたら、ぜひ。

Pythonスタートブック表紙

内容は、おいおい紹介させていただきます。
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

【2010/04/13 02:05】 | Python | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<Pythonスタートブック、その内容1 | ホーム | Pythonインタラクティブシェルでディレクトリの変更>>
コメント
はじめまして
amazonでpythonと検索して出てきたこの本に興味があって、検索してこのサイトにたどり着きました。
発売楽しみにしています。
【2010/04/13 08:32】 URL | ねこ #-[ 編集] | page top↑
買いました。

楽しみにしています。
【2010/04/13 20:02】 URL | yabuki #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tanopy.blog79.fc2.com/tb.php/50-8edd4fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。